FC2ブログ
誰も眼を向けはしないのだろう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お館様!!
「そっそそそそ某おおおおぉぉ女子はっ!!ぎゃあああああぁぁぁ!!!」(わおーん
2009082704240000.jpg
普段は普通なのにメスが来ると即座に逃げます。
たとえそれがお館様の前でも(笑

実はこれの漫画の筋書きみたいの考えてみたり↓

戦国時代をこよなく愛する琴音
彼女がいつもの帰り道少し変わった毛色と瞳を持つ猫に誘われいつもは通らぬ路地裏へ

ふと気が付けば目の前には眼帯を付け青緑の毛並みをした一匹の狼。

狼は左目を見開き驚いた顔をしていたがすぐに戻し琴音に問うた。

「お前何者だ?見たところ俺達狼とは違うみてぇだが・・・・」
「・・・・・え?何者って人間だけど」
「・・・・・・・ニンゲンって何だ?」

「・・・・は?」

「まぁいい ここは俺達『独眼竜』の縄張り 入ったからにはそれなりに覚悟してもらうぜ?」
「・・・・・・どく・・・がんりゅう?」
「?あぁ」
「え?じゃあまさか名前って・・・!!」



「奥州の伊達政宗だ」
「えっええええええええーっ!?」



(私変な世界にトリップしたっぽいっ?!)
(・・・・なんか俺変なの見つけちまったみてぇだ 助けろ小十郎!)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 幾千と咲こうとも. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。