FC2ブログ
誰も眼を向けはしないのだろう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく
何か・・・こう小説が書きた浅月です。

前書いてたオリジナルの小説でも思い出しで書こうかな・・・・・
メモ機能でも書けるでしょ多分。


ちなみに昔書いてた小説のあらすじ的なもの↓勇気のある方のみどうぞ。


変わらない毎日。

いつものように時間が過ぎていく中で。

今日も同じように終わると思ってた。


目の前にとある「人物」が現れるまでは。



「お前があいつかくまってんの?」

「己は自分の存在を悔いておればそれでよい」

「・・・わり・・・ぃ・・・な・・・・母さ・・・ん・・によろし・・・く・・・・」

「俺は・・・生まれてくるべき人間じゃなかったんだよ!!」







「オレ何で血だらけなんだ・・・?」






二つの世界に存在する二つの魂が一つになる時。

それはどちらかの世界が滅ぶ時。

世界はどちらの魂を求めるのか。

それは誰にも分からなかった。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 幾千と咲こうとも. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。